1. ホーム
  2. 個人輸入
  3. ≫個人輸入代行サイトを使って抗生物質を買うときの注意と耐性菌について

個人輸入代行サイトを使って抗生物質を買うときの注意と耐性菌について

ほかの薬と違い、抗生物質を使用する場合には、気を付けないといけない点があります。
しかし、病院に行かず個人輸入で抗生物質を手に入れた場合、知らないままに使ってしまう人もいるでしょう。
そこで、抗生物質を個人輸入した時に注意する「耐性菌」について簡単に説明します。

■症状が治まってもしばらくは飲む

抗生物質で細菌性の感染症を治すことが出来ますよね。
細菌性と言っても様々な種類があり、具体的な症状をあげだすときりがありません。
ですが、どのような症状であっても、症状回復後しばらくは薬を飲み続ける必要があります。

どれくらいかという期間は、素人にはわからないので、病院で薬をもらうのがベストになるでしょう。
とりあえず、症状回復してすぐに服用をやめてしまった場合、体内に少数ですが細菌が残ります。
残った細菌はほかのものと違って、抗生物質に少し強いから生き残り、抗生物質を耐え抜いたのでさらに抗生物質に強くなります。

これを繰り返すと、どんどん薬への耐性が強くなっていき、最終的には全く抗生物質が効かなくなるというわけです。
抗生物質が効かない細菌ですから、自分はもちろん周りの人にまで迷惑をかけてしまいます。
現状抗生物質しか手立てがない病気もありますから、個人輸入で抗生物質を買うときには十分に気を付けて使用するようにして下さい。

■便利なもの通りだから慎重に使う

代行サイトを使っての個人輸入も、抗生物質も便利なものに違いはありません。
代行サイトはいつでも、薬を買うことが出来ますし、抗生物質は幅広い症状に効果を発揮します。
便利である反面、使い方を誤ると大惨事になりかねませんので、利用する場合には慎重に行動するよう心がけてください。