1. ホーム
  2. 個人輸入
  3. ≫抗生物質をどのサイトで買う? 輸入代行サイトの選び方

抗生物質をどのサイトで買う? 輸入代行サイトの選び方

個人輸入をするときにお世話になるのが、個人輸入代行サイトです。
抗生物質はもちろん、その他処方せん薬まで購入することが出来ますが、サイト選びに失敗するとトラブルに巻き込まれる可能性があります。
今回はトラブルにあわないように、代行サイトの選び方を考えてみましょう。

■企業の事業としての情報がちゃんとある

大手の企業のホームページや事業のサイトなどを見ると、だいたいどこからでも、会社概要へつながるリンクがあります。
そして概要には社名はもちろん、住所電話番号と言ったら連絡先、代表者の名前時には役員の名前まで書いているところもあるでしょう。

こういったことまで書けるということは、書いても問題がないからと、とることが出来ます。
では書けない会社はどんなところなのか、なんとなくはわかりますよね。住所が知れたら困るようなことをするところです。

ですから、代表者の名前くらいまでは書いてあるサイトを選ぶのがいいでしょう。
もちろん会社についてだけでなくて、特定商品取引法に基づくことプライバシーポリシーも書いてあるべきです。

■料金設定がしっかりしている

個人輸入代行サイトは、その名の通りというわけではなくて、あくまで「仲介」をするところになります。
仲介業者が何で稼いでいるかと言えば、仲介手数料です。
ですから、手数料に関する料金表などが、しっかり明記してあるところを選んだ方がいいでしょう。

輸入ということで、かかってくるお金も普通の通販とは違うため、わかりやすく説明してくれているところがいいのではないでしょうか。

■消費者に優しいサイトを

消費者に優しいとは言っても、値段が安いとか送料がかからないとかではなくて、ちゃんとすべきところをちゃんとして、わかりやすく説明してくれているところですね。
一度優良サイトを見つけたら、あとはそこを使えばいいだけですから、最初の一歩を慎重に行うようにしてください。