1. ホーム
  2. 薬の注意
  3. ≫抗生物質にもいろいろあります! セフェム系抗生物質について

抗生物質にもいろいろあります! セフェム系抗生物質について

個人輸入で抗生物質を買おうと思っても、様々な種類があり、どれを買っていいのかわからないですよね。
中には幅広く効果を示すものもありますが、すべてに効果があるものはないと言ってもいいでしょう。
今回は抗生物質の中でも、セフェム系の抗生物質についてお話します。

■グラム陽性菌 グラム陰性菌

細菌は大きくグラム陽性菌とグラム陰性菌に分かれます。
グラム染色で染色されるかどうかによって変わるのですが、グラム陽性菌は一般的な細菌だと言っていいでしょう。
ですが、グラム陰性菌は薬物が効きにくい代わりに、物理的な作用に弱いと言われています。

■セフェム系抗生物質

セフェム系は細胞壁の合成を阻害して、殺菌するという作用を持った抗生物質です。
セフェム系は第1世代~第4世代に分けられて、それぞれグラム陽性菌と陰性菌どちらに効くのかが変わります。
具体的には、第1世代であればグラム陽性菌に第3世代であればグラム陰性菌の効果を発揮します。

第2世代はその中間になるでしょうか。
そして第4世代は第3世代までとは少し違って、第1世代と第3世代の特性を引き継いだようなものになります。
つまり、陽性でも陰性でも効果を表すというわけです。

それならば第4世代だけを使っていたらいいと思われそうですが、そういうわけにもいきません。
同じ抗生物質ばかりを使っていると、その抗生物質に対応した耐性菌が出来てしまいます。
耐性菌が生まれないように、するには感染した細菌を完全に死滅させるまで、抗生物質を使用すればいいのですが、残念ながら現状上手くいっていないようですね。

■症状や細菌によって薬が変わる

ですから一番いいのは病院で処方してもらい、きちんとした指導を受けることでしょう。
しかし、時間がないという人もいるでしょうから、前もって情報は集めるようにしておいてください。