1. ホーム
  2. 個人輸入
  3. ≫抗生物質を家で購入するために 個人輸入で気を付けておくこと

抗生物質を家で購入するために 個人輸入で気を付けておくこと

抗生物質を入手するのに一番適した場所は、病院だと思います。
しかし最も手軽に手に入れる方法と言ったら、個人輸入ということになるでしょう。
病院に行かずとも、ネット通販感覚で抗生物質を手に入れることが出来ます。

ですが、注意も必要です。今回は個人輸入をするうえで、確認しておきたいことを解説します。

■すべては自己責任の元

個人輸入で大事なことは、自己責任であるということです。
病院に行って薬をもらうわけではないですから、仮に重大な副作用が出たとしても補償はありません。
そのため、薬を買う前にはどんな副作用があるのか、普段服用している薬との飲み合わせはどうかなど、前もって調べておく必要があります。

それから、万が一健康被害にあった場合には、すぐに医師に相談することをお勧めします。
自己責任という点に似ていますが、自己診断もあまりあてにならないことを頭に置いておいてください。
薬を買うということは、何かしら体調不良があるのだと思いますが、例えば熱が出たから風邪だという素人の診断では、病気を間違えることが多々あるでしょう。

風邪程度ならばさほど怖くはないと思いますが、重篤な病気である可能性も否定はできません。
そこで間違った薬を服用したとしても、やはり自己責任になります。
また薬の質も日本と同レベルなのかがわかりません。

日本では高い日本のレベルで検査をしていますが、外国ではその国の基準で検査をしています。もちろん、日本よりも高水準だという国もあるでしょう。
しかし安さで選ぶと、輸入元が途上国であることがほとんどです。

■個人輸入を利用するには薬の知識を

少なくとも自分がいま飲んでいる薬との相性などは、前もって調べておくようにしましょう。
医師が関わってこない分、慎重に行動するようにしてください。